INTERVIEW

前に進むためのストーリー

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 等身大で悩みを受け止めてくれる 唯一の場所です

長野県在住Aさん
24歳

等身大で悩みを受け止めてくれる 唯一の場所です

このプログラムの面談の前に、誰かに相談しなかったんですか。
簡単にバイト先の社員さんには相談したり大学のチューターさんや学生相談の窓口を利用しましたが、何というか、あんまり信用できないというか・・なかなか話づらいじゃないですか。どうしてもバイト先や大学関係者だということで自分にフィルターを持ってしまっていましたし、一度は心理学者の先生に回されてしまって、なんか気軽に話ができない雰囲気にもなってしまったのもちょっと困りました。
レッスンに応募されたポイントって何かありましたか。
やっぱり大学を中退することを考えたときに、相談所としては一番信頼できると思ったことです。ネットで他のところを探してみるんですけど、なかなか見つからないんですよ・・・大学を中退して就職したいと思っても、中々一対一でお話を聞いてくれるものは無くて、大学中退なんかの全体的なまとめサイトはあるんですけど、引っかかるところとそうでないところもあって、本当に一対一で等身大で自分のことを相談できると思ったからです。面談の後もメールを下さったりして、心配して連絡くださったのを受けて「この人は信頼できる」と思いました(笑)それが一番でした。
プログラムを知ったのはインターネットですか。
はい、大学中退のことを調べているうちにWebページに当たって、見つけることができました。当時は大学の授業と人間関係、大学で全然友達ができない、大学に行く意味が見出せなかったのが大きな悩みでした。
大学生活に悩みを抱えている人へメッセージをお願いします
はい。一番は、大学を中退する前に1回きちんとした話を無料面談でしてもらえたらなって思います。僕は面談のあと、10回のプログラムを活用させてもらいましたが、最初に自分にとって大事なものをどんどん見つけてもらって、例えば小さなプライベートなことから大きな人間関係までも改善することができました。あと自分がどんな恐怖を抱いているかにも正面から向き合うことができました。もしそれが最初に見つかっていたなら、大学を中退しなくてすむ道も見つかるかもしれないので・・僕は大学を中退するって決めてから相談に乗ってもらったんですが、それでもいい面がたくさんあったんでよかったんですけど、どうせなら大学を辞める前にきちんと相談に乗ってもらってから決めてもらいたいと思います。